アーユルヴェーダとモンテセラピー

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダは、サンスクリット語でアーユス(ayus:生命・寿命)とヴェーダ(veda:知識・科学)が組み合わさってできた言葉です。約5,000年前にインドで発祥した世界保険機構(WHO)が認める世界で最も古い伝統医学の一つで、ギリシア医学、中国医学、アーユルヴェーダの3つを称して世界3大伝統医学と呼ばれています。

アーユルヴェーダは、個人の体質や気質に合わせて肉体と精神のバランスを整える事によって、自然治癒力を引き出すことを目的とし、自然治癒力の向上により、健康増進や美容に効果があると考えられています。近年は、病気を治療するための西洋医学と比較し、健康増進のための予防医学として大変注目されています。

アーユルヴェーダのドーシャ理論

アーユルヴェーダでは、私たちの身体と心を動かすエネルギーをドーシャと呼びます。ドーシャは概念的なもので、身体と心、そしてその周りにある環境や宇宙とも結ばれていると考えられています。あらゆる身体の現象の基礎にはこのドーシャの動きがあるとされ、日々の心身の状態や、季節によって変わる体調の変化、また個々人によって差が出ることなど、ドーシャによるものと考えられています。 アーユルヴェーダでは、バランスの取れている本来のドーシャが現れている時の体質をプラクティと呼び、本来のバランスが失われ、乱れたドーシャが現れている時の体質をヴィクリティと呼んでいます。

アーユルヴェーダでは、このプラクティとヴィクリティを認識することでドーシャのバランスを把握し、乱れたバランスを整え、ヴィクリティをプラクティに回復して、バランスのとれた本来の自己を実現することを目的としています。 ドーシャはその性格により、ヴァータ、ピッタ、カパの3種類に分類されます。人の性格や体型、習慣やライフスタイルは、これらのドーシャの組み合わせにより決定されると考えられています。 アーユルヴェーダでは、個人個人のドーシャの性格をつかみ、そのドーシャにあった施術をします。

当サロンにおいては、初回のカウンセリングにてドーシャを診断し、ボディデザイナーが、その方に合ったマッサージオイルを選定いたします。体質別のオイルで全身をマッサージすることで、デトックス効果を高め、皮膚から体内にオイルを吸収させることによりドーシャの乱れを沈静化させ、健康な理想の体型に導きます。
以下ドーシャ別の具体的な特徴です。

ヴァータ・タイプ~心も体も風のように颯爽としている~

特徴

早口で人と話をするのは好きだが、相手の考えに流されやすいタイプ。仕事をテキパキとこなし、物覚えが早いが忘れるのも早い。いつまでも過ぎたことにはこだわらない。情報通で好奇心が強く色々なことを試すが、長続きはしない。お金儲けが上手だが、使うのも早く、財布の中にあればあるだけ使ってしまう。行動は早く歩くのも速い。いつも落ち着かず、あちこちで動き回っているタイプ。スタミナはあまりなく、疲れやすい。食欲の差が大きく、大食いしたり、食べない時がある。睡眠は浅く短い。疲れると便秘傾向になる。外見は、顔の掘りが浅く、細面。髪は乾燥しがち。細身のやせ型体型で、いかにも俊敏そう。手足も細く、指先もスラっと伸びていて、血管などがよく目立つ。

食事のPOINT!:温かい、栄養価の高い、油分のある、汁気のある、甘味、酸味、塩味

冷性の属性を持つヴァータを静める時は、なるべく生野菜や冷たい食べ物をさけて、熱を通したり、油で炒めたりした食事を取るようにします。食事を取る時も慌ただしくせず、気分をリラックスさせて、ゆっくりといただくことが大切です。ヴァータ体質の人は、食欲にムラがあり、食生活が不規則になりがちです。できるだけ規則正しい時間に食事を取るように心がけて、過度の刺激物は避けるようにします。

ライフスタイルのPOINT!:温める、潤い、リラックス、睡眠の質を高める

ヴァータ体質の人は、風の強弱で食生活が不規則になり、眠りが浅くなり、時には不安を感じる傾向があるため、仕事から家に帰った時や寝る前には大きく深呼吸するとよいでしょう。 また、寝る前に温めた牛乳を飲むと眠りを深くすることができますし、温かいオイルでのマッサージもリラックスするのに効果的です。


ピッタ・タイプ~心も体も熱いタイプ~

特徴

自分の考えをハッキリと上手に主張する。時々ストレートに言い過ぎたり、自分の考えを相手に押し付けたりする傾向がある。集中力があって知性も鋭いので、行動に無駄がなく、知的に行動するタイプ。情熱をもって自分のやりたいことを追求していくタイプだが、特別スピードがあるわけではない。表現力に優れる反面、プライドが高く頑固で完璧主義者。人前で雄弁を奮って、リーダーシップを取ることを好む。食欲も旺盛だが、無理が続くと下痢気味になる。外見は中肉中背、卵形の顔立ち。

食事のPOINT!:甘味、渋味、苦味、冷性、ドライ、食べ応えのある、オイリーでない

ピッタ体質の人は消化力が強く食欲が旺盛な場合が多いですが、一方で消化器疾患に陥りやすい傾向があるため、食事の量には注意する必要があります。食欲が強いため、空腹感も強く、空腹時には、イライラしたり、怒りが爆発することがあります。 ピッタを増やす熱の属性のある食材や辛いスパイス、塩分の多い食事などは控えた方がよいでしょう。具体的には、しょっぱいもの、脂っこいもの、調理しすぎのもの、カロリーが高いもの、過剰にスパイスがきいているもの、酸っぱい食事、カフェイン、動物の肉、卵の摂り過ぎ、アルコール、砂糖、添加物の多い食材は避けた方がいいでしょう。ピッタを静める味は、甘味、苦味、渋味であり、生野菜や果物を多く取ることが勧められます。 また、ピッタは夏場、日中、深夜に増えるため、これらの時間の食事には注意した方がいいでしょう。

ライフスタイルのPOINT!:頭をクールダウンする

頭をクールダウンさせることが大切です。ヘッドマッサージや頭皮のクレンジングが効果的です。


カパ・タイプ~心も体も母なる大地のごとく受け入れる~

特徴

物腰が柔らかく、相手の心に溶け込むように話し、落ち着いてほのぼのとした印象を相手に与える。覚えるのに時間がかかるが、一度覚えたことは忘れない。動作はゆったりとし、礼儀正しく、相手に大して関大で、滅多に怒ったり興奮したりしない。のろまな印象も受けがちだが、誰からも愛される憎めないタイプ。食べることにお金をかける。動作はゆっくりしているが、体力や持久力に富んでいる。睡眠は長く、朝なかなか起きられない。食欲は大食いではないが、太りやすい。外見は目鼻立ちがハッキリした彫りの深い顔立ちで、髪は太くてカール気味のことが多い。

食事のPOINT!:温かい、油分の少ない、スパイシー、辛味、苦味、渋味

カパ体質の人は太りやすい傾向が強いため、特に食事の量や内容には気をつけていく必要があります。代謝を活性化させて体を温めるようなスパイスを使った食事をゆっくりと時間をかけてとることが勧められます。また、カパ体質の人は消化力が弱い傾向があるので、食事は消化に負担がかからないものを彩りや種類を増やすなどして、視覚を楽しませるような食事を温かい状態で取るのが鍵です。揚げ物、油分の多い食事、甘味や酸味の強い果物は避け、渋味や乾燥したものを多く摂取することが望ましいでしょう。また、むくみやすので、利尿効果のあるハーブティーや白湯を飲み、ソフトドリンクや炭酸飲料は避けたほうがいいでしょう。

ライフスタイルのPOINT!:余分な油分・水分を動かして出す

毎日汗ばむ程度の運動をして、余分な水分、油分を溜め込まないことが大切です。


経絡セラピーとは

代謝もたるみも引き上げる美容矯正法

経絡セラピーは、崩れてしまったボディラインを、骨格矯正で元の正しい位置に戻し整える、美容療法です。ボディラインの崩れは、食事の不摂生、疲労、睡眠不足など日常生活の乱れが原因で、血液の流れが悪くなり身体にむくみが現れ、さらに筋肉のバランスが崩れることで生じます。東洋医学の経絡に沿って骨格矯正を行うことで、骨格と筋肉を正しい位置に戻し、本来あるべき理想的なボディラインへと導きます。

経絡セラピーの方法

経絡とは東洋医学で全身に720ヶ所(左右それぞれに360ヶ所)あると言われている経穴(ツボ)を結ぶラインのことで、全身で24本(左右それぞれ12本)の経絡があり、気の流れる道を作っています。この経絡に沿って、筋肉を骨格の内側へもっていくようにマッサージしながら、歪んだ骨格と筋肉を正しい位置に調整していきます。

経絡セラピーの効果

経絡セラピーの施術によって骨格や筋肉の歪みが改善されることで、各神経の働きが活性化され血液、リンパ液の流れもスムーズになり、新陳代謝が良くなり、老廃物も排泄されやすくなり、様々なトラブルが改善されます。 目で見える変化として、フェイスラインが整いシャープな小顔、シワやたるみが改善されツヤや張りのあるお肌、首・肩のこりの改善、サイズダウンするだけでなくバストアップやヒップアップなどのリフトアップ効果があり、バランスのよいプロポーションに整えられます。

こんな方におすすめ!
・足を組む癖がある
・いつも同じ方の肩でカバンをもつ
・頬づえをつく癖がある
・疲れやすい
・顔やボディのたるみが気になる
・肩こり・便秘など不調がある

表参道のパワースポット Shanti Beaute
東京都渋谷区神宮前4-3-21 表参道NODERA BLDG B1 | 電話予約受付時間 11:00-19:00

このページのTOPへ